ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

【現役のハゲが語る】ハゲがカツラを選択するメリットとデメリット

 


「あいつ、100%ヅラだよな」

 

f:id:maato0721:20200908165158j:plain

 

本人は一切口外していなかったが、高校時代の理科の教師がカツラをつけていることは全校生徒が知っていた。

 

その姿を見て、「将来ハゲだけには絶対になりたくない」と強く思ったものであった。

 

それと同時に、実際にカツラを着用している人がこの世にいると言うことに衝撃を受けたものであった。

 

そして、時は経ち実際に私もハゲになり、カツラかAGA 治療かの選択を迫られることになった。

 

カツラについてもかなり調べた結果、結局AGA治療を選択したわけだが、世の中にはカツラを選択する人もいる。

 

カツラは格好の馬鹿にされるネタだが、実際、現代のカツラについて正しい知識を持っているハゲはどれくらいいるのだろうか。

 

そこで今回は、現役のハゲがカツラの噂のあれこれについて解き明かしていこうと思う。

 

・カツラを付けるとハゲる

「カツラ」とググると、なぜか「ハゲる」と言うワードが出てくる。

 

カツラを付けたらハゲが進むなんて一体どいうことなのだろうか。

 

この話は結論から言ってである。

 

なぜこのような心配をする人が増えたのかと言うと、それはテレビなのどが頻繁に放送する頭皮環境の話に由来すると思われる。

 

要は、カツラを付けると汗などで蒸れて、頭皮環境が悪化し、発毛によくない影響を及ぼし、結果としてハゲると言うことだ。

 

確かに言いたいことはわかるが、我々が戦っているのはAGA だ。

 

AGAの原因は頭皮の環境のような外的要因ではなく、男性ホルモンなどのような内的要因であったはずだ。よって、カツラを付けてハゲるんなんてことはありえない。

 

まぁ、カツラを付ける時点でハゲてんだから、ハゲがいくら進行したって問題はないと言えば問題はないと思うのだが、、、(笑)

 

・カツラの装着方法は?

多くの人は、カツラは被るだけでOKと思っていないだろうか。

 

それは全くの誤りである。

 

カツラを装着する方法は2つに分かれており、1つはクリップで固定するタイプで、まだ握れるくらいの髪が残っており、そこに取り付ける使用だ。使用箇所は主に頭頂部付近になるだろう。

 

当たり前だが、クリップ固定なんてさほど強度はないため、運動など、激しい動きがある際はこのタイプは適さない。

 

2つ目は、運動など、あらゆる局面をカバーする接着剤タイプだ。

 

今の主流は断然こっちになる。

 

「え、接着剤なんて絶対に取れるだろ」と思うのであれば、それは大きな間違いだ。

 

ここで使用する接着剤は防水加工及び超強力接着になっており、強く引っ張っても剥がすのが大変なものだ。

 

そうなると皮膚へのダメージが心配されるが、それを剥がすために薬剤もセットで販売されており、安心安全に使用できる器具は整っている。

 

・ばれる?

カツラを付けている人にとっては死活問題である最重要話題だ。

 

結論から言って、「物による」としか言いようがない。

 

私の高校時代の理科の教師のように、安いものを付けていると、生え際や髪の太さに明らかにばらつきがあるのが目に見えてバレてしまい、速攻で笑いの的となることは必死だ。

 

一方、高額なもになるとマジでバレない。

 

言われてもわからないほどだ。

 

高額ものになると、毛の太さや髪の流れ、さらに年齢に応じた髪色など、ありとあらゆる要素をカツラに詰め込んでくるため、残っている髪と完全に融合してしまっているように見えるのだ。

 

あれを見ると、「これならカツラでも良いかな」と心が揺らぐハゲは多いのではないだろうか。

 

・いくらくらいするの?

さて、そこまでクオリティーの高いカツラは一体いくらくらいするのだろうか。

 

「3万円!」だって?

 

そんな馬鹿なことを言ってはいけない

 

良いのを買おうとするなら、その10倍はくだらないだろう。

 

こう言う金額を提示されると「そんなの詐欺だろう」とか言い出すハゲがいるが、この値段にはしっかりと理由がある。

 

カツラと言うのは従来着用したら髪型が固定されてしまったのだが、これくらいの金額のものになるとパーマをかけたり、髪を染めたりと、本当に地毛と同じように扱うことができ、ますますカツラであることがバレにくくなる

 

また、上記のような機能に加え、先ほど言ったような様々な調整を繰り返して作られる極上のカツラになると80万円はするとも言われている。

 

もし私が今後カツラを買うのなら、間違いなく80万円のものを購入するだろう。

 

なぜかって?

 

ズラがバレると言うことは、社会的抹殺に等しいからだ。

 

 

・カツラを選ぶ理由

ここまで読むと、「カツラって高いし、作るのめんどくさそうだし、バレたら怖いし、良いことないじゃん」と思った人がたくさんいるだろう。

 

「それだったらAGA治療した方が良いじゃん」と。

 

しかし、カツラにもメリットはもちろんある。

 

それは、何と言っても健康被害の可能性がゼロと言うことであろう。

 

このブログを通して何度も言っているが、AGA 治療薬を飲むと言うことは健康に何かしらの被害を及ぼす可能性がある。

 

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

 

 

www.hegechabin69.com

 

 

ハゲを気にする余り健康を害してしまっては元も子もない。

 

その点から言えば、カツラはかぶるだけなので何の心配もする必要はない。

 

副作用を極度に恐れている人は最初からカツラを選択した方が時間もお金も無駄にすることはなくなるだろう。

 

・スキンヘッド vs カツラ 

カツラはハゲを隠すために使うものだが、ハゲを隠すと言うことならばスキンヘッドと言う手段もある。

 

もしあなたがAGA治療薬を選択しないのであれば、カツラとスキンヘッド、いったいどちらを選ぶだろうか。

 

これはあくまでも個人の好みになるだろうが、私だったら圧倒的にスキンヘッドを選択するだろう。

 

理由としては2つある。

 

まず第一に、金がかからない。

 

カツラと言うのは一回買ったら終わりというわけではなく、そこから定期的にメンテナンスが必要になり、その費用も馬鹿にならないため、貧乏サラリーマンにとってはかなりの痛手になるのだ。

 

カツラのために生きる人生なんてまっぴらだ。

 

第二に、取れるリスクだ。

 

この映像を見て欲しい

 

youtu.be

 

何が起きるかわからないのが人生だ。常に最悪の事態を想定して行動している私にとって、カツラが取れるというの最悪の中でも最も最悪な事態であり、行動範囲が一気に狭まることになってしまうことが私の性格上わかっている。

 

 

堂々とハゲ頭を晒して生きた方が、私にとっては気が楽だろう。

 

あくまでも、AGA治療薬が使えなかった時の話ではあるが。

 

・まとめ

 

今回の記事を読み、カツラがいかにハイクオリティーなのかをおわかりいただけたのではないだろうか。

 

しっかりとしたものを買い、しっかりと付ければ「ヅラじゃん」なんて言われることは一生ないのかもしれない。

 

ハゲと言われたくない、けどAGA治療は無理と言うそこのハゲにとって、カツラは一筋の希望の光となるだろう。

 

 

今日はここまで。

 

私が現在使用している武器(薬)はこちら↓

 

[http://フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠:title]

 

www.hegechabin69.com

 

 

 オオサカ堂のAGA治療薬の検証結果はこちら↓

  

www.hegechabin69.com