ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

春は抜け毛が一時的に増える?

4月、多くの人々が新生活に胸を膨らませ、希望に満ちた毎日を送っていることと思う。

 

f:id:maato0721:20200414010656j:plain

 

その一方で、

 

「か、か、髪がめちゃくちゃ抜けていく。。。俺はもうハゲ決定だ(泣)」

 

このように自分の頭皮に絶望し始めるハゲがいることも私は知っている。

 

f:id:maato0721:20200313003532j:plain

 

しかも、かなりの数の人がそのように感じ始めるのだ。

 

実際、この季節になると抜け毛が普段より増えることは事実だ。

 

 

では、一体なぜこの季節になるとそのようなことが起きるのかを今日は考察していこうと思う

 

・4月前後で抜け毛が増える理由

 

考えられる原因は以下の3つだ

 

1 季節

 

ニホンザルは冬になると毛が長くなり、集団で暖をとる習性があるのをご存知だろうか。

 

逆に、暖かなるとその毛は抜け始め、そのような行動は見られなくなるのだ。

 

つまり、動物は季節により体の温度を調節すために毛が抜けたり生えたりすることが起きるのだ。

 

これは人間にも言えることで、徐々に暖かくなると同様のことが起こり得ると言うことだ。

 

私自身、暖かくなると「あれ?なんか抜け毛増えてね?」と体感的に感じることはあったのだが、実際のところ、人間にもこのような温度調節機能が働くのかどうかは科学的には証明されていないようである。

 

2 ストレス

 

4月になると、当然異動などが起きるわけで、新しい環境に飛び込むことになる。

 

その中で、新しいことを覚えたり、新たな人間関係を作っていくと言うのは大きなストレスになる。

 

そのストレスが原因で抜け毛を引き起こすことは十分に有り得る。

 

髪と言うのは一見何も栄養が通っていないように見えるが、実際は毛母細胞という毛根に存在する細胞から栄養を受け取り成長している。

 

しかし、ストレスを感じると全身の血管が収縮し、血液の流れが悪くなり養分が体に行き渡りにくくなる。

 

(ストレスで体調を崩すのはこのためだ)

 

すると、当然髪にも栄養が届きにくくなり、栄養を受け取れない髪は成長できずに抜けることになる。

 

また、ストレスは睡眠不足も引き起こすことになる。

 

すると、髪の成長を促す成長ホルモンの恩恵を十分に受けられないことになる。

 

環境適応能力が高い人ならばスムースに新しい環境に馴染めるのだろうが、私のように極度の人見知りを発動する人は緊張やストレスが数ヶ月くらい続くことがあるだろうし、移動が命じられた数ヶ月前から色々考えてしまい既にストレスを感じていることもあるだろう。

 

そうなると、それが脱毛と言う形で髪に悪影響を及ぼすことは可能性としては十分にある。

 

3 栄養不足

 

髪はタンパク質を主としてできているため、食事にこれが不足していると髪の発育には大きなマイナスが生じる。

 

実際、今まで実家だったのが新社会人となり下宿することになると、生活面で大きな変化が生じることになるのだが、その中でも特に大きく変化するのが間違いなく食事の面だ

 

栄養のバランスが偏るとかならまだ良いが、1日1食しか食べなかったり、肉や魚など、主となるおかずが欠如している食事ばかりしている人はかなりやばい食事をし始める人は激増するのでは無いだろうか。

 

これにストレスや寝不足が加わるわけだから、もう髪にとっては踏んだり蹴ったりと言う状態だ。

 

 

・対処法

 

既にハゲている人や、将来ハゲるとなんとなく予測がついている人はどうにかして毛が抜けないようにしたいと思うだろうが、これを止めるのは我々の意思ではどうにもならない。

 

抜け毛が治るのを待つ以外方法は無いだろう。

 

だが、1項の2〜3に当てはまる節があるのなら、まずは基本的な生活習慣を正すことから始めていくことが重要だ。

 

 

・AGAかどうかの判断基準

 

 

とは言え、暖かくなって抜けた毛が100%季節的なことによるものなのかと言うとそれは言い切れない。

 

当然AGAの影響によるものである可能性もある。

 

では、それはどのように見分ければ良いのだろうか。

 

f:id:maato0721:20200223004413j:plain

 

 

1 抜け毛の形

 

AGAになっている場合、髪の毛の周期期が乱れているため髪の1本1本が十分に成長することができない。

 

したがって、抜ける髪は細いものものが多かったり、先が尖っていたりするものが増える傾向にある。

 

髪を洗ったときに抜ける髪を見てみて、全体の2割以上そのような毛が含まれていた場合はAGAを疑う必要があるかもしれない。

 

 

www.hegechabin69.com

 

2 抜け毛の量が全く減らない

 

季節的な抜け毛の量の増加は一時的なものだ。

 

長くても数週間くらいだろう。

 

それを超えても一向に抜け毛が増えたまま減る気配がない場合もAGAを疑った方が良いだろう。

 

ただ、これには自分が普段から何本くらい髪が抜けているのかを把握していることが重要だ。

 

そうでないと、抜けが増えているのかいないのかは勘でしかなくなり、正確な判断を謝ることとになる。

 

ちなみに私の場合、普段髪を洗うときはだいたい20〜30本が抜ける。

 

抜け毛が多くなっる季節はこれが約1.5~2倍程度まで増えることが経験上わかっている。

 

・まとめ

 

以上、春の抜け毛の増加についてまとめてみた。

 

この記事は今までの根本的なAGA治療の話からは少し外れているが、季節により抜け毛が一時的に増えることを知っておくことは非常に重要だ。

 

なぜなら、これを知らないと、抜け毛が多くなり出した途端に焦ってAGAを疑いクリニックへ駆け込んだ結果、カウンセラーからAGA判定をくらい、無知が故に高額な治療を契約させられてしまうこともあり得るからだ。

 

 

www.hegechabin69.com

 

 

本当はAGAでは無いかもしれないのに。

 

 

敵と戦うためにはまずは敵をよく知ることが重要だ。

 

 

それらを知った上で、最適な一手を打って髪を生やそう。

 

 

今日はここまで。

 

私が現在使用している武器(薬)はこちら↓

 

[http://フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠:title]

 

www.hegechabin69.com

 

 

 オオサカ堂のAGA治療薬の検証結果はこちら↓

  

www.hegechabin69.com

 


 

1年間のAGA治療の軌跡(フィンペシア)はこちら↓

 

 

www.hegechabin69.com