ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

ストレスでつむじがハゲた・・・?

私が現在使用している武器(薬)はこちら↓

 

[http://フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠:title]

 

 

この世にはびこるブラック企業の数々。

 

そこで搾取され続ける我々つむじハゲ。

 

そこで働く彼らは言うのだ。

 

「ストレスでどんどんつむじが薄くなっちゃってさ」

 

と。

 

私は口酸っぱく「AGAは体内の問題だ。外的要因なんてハゲる原因にはならない」と言ってきたが、彼らが言うように、ストレスでつむじがはげるなんてことは本当にあるのだろうか。

 

ハゲとストレスは関係ある

実際のところ、これは十分にあり得る話だ。

 

髪と言うのはケラチンと言うタンパク質を主成分として形成されているため、髪に栄養素が行き届かなくなると、当然髪は弱ってくる。

 

そして、ストレスを感じることによって自律神経が収縮してしまうと、全身に栄養を送る機能を鈍らせることになるのだ。

 

すると、髪も栄養分が行き届かなくなり、髪が抜けやすくなると言うことだ。

 

ストレスによるハゲは一時的なもの

だが、AGAは何かしら手を打たなければハゲあがるのに対し、ストレスによる抜け毛はあくまでもストレスによる一時的なものである。

 

そのため、ストレスの根元さえ取り除いてしまえば回復に向かうので、薄毛の原因がストレスだと自覚している人間は、さっさとその原因を究明し、取り除いてしまおう。

 

極端な例かもしれないが、私はAGA治療を始めると決心した当初、ハゲになるかもしれないあらゆるリスクを取り除く覚悟をし、ストレスの根元であった仕事を辞めた。

 

ストレスで抜ける髪は1箇所に集中しない

 

しかし、中にはストレスでハゲたと言っておきながらも、実際はAGAによりハゲている人間がいると言うことも事実だ。

 

一体、AGAによる抜け毛と、ストレスによる抜け毛には違いがあるのだろうか。

 

それは、AGAだったら頭頂部付近に主に抜け毛が集中するのに対し、ストレスによる抜け毛の場合は範囲がそこだけに止まらず、本来はAGAの影響を受けない側頭部など、髪が薄くなる範囲が限定されないと言うことだ。

 

したがって、抜け毛により頭頂部付近が主に薄くなっているのであれば、それはストレス以外の脱毛の可能性を疑う必要があるだろう。

 

 

クリニックへ行くべき

そうは言うものの、やはり素人がストレスによるハゲか、AGAによるハゲかを区別するのは難しい。

 

したがって、薄毛が気になるのであれば、今後のためにも医師の診断を受けておく方が良いだろう。

 

まとめ

ストレスと言うのは目に見えないため、多くの人間が軽視しがちだが、実際は体内で様々な変化を及ぼすこどがおわかりいただけたのではないだろうか。

 

ストレスにより髪が抜けようものなら、更にストレスがかかり、余計に悪影響を及ぼすことになる。

 

人生良いことばかりではないが、無駄なストレスは極力排除し、楽しい人生を送ることを心掛けよう

 

今日はここまで。

 

私が現在使用している武器(薬)はこちら↓

 

[http://フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠:title]

 

www.hegechabin69.com

 

 

 オオサカ堂のAGA治療薬の検証結果はこちら↓

 

 

www.hegechabin6