ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

【育毛剤の最先端】効果!口コミ!使い方!リグロースラボの全てがわかる!

新進気鋭

 

意味:新たにその分野に現れ、勢いがある将来有望なもの、人

 

正にこの言葉にぴったりな育毛剤がついにそのベールを脱いだ。

 

その名はリグロースラボだ。

 

[http://:title]

 

 

・リグロースラボとは

 

f:id:maato0721:20200223004413j:plain

 

2018年にサファイアヘルスケアが発売した育毛剤シリーズだ。

 

リグロースラボは、フォリックス同様にFDAによる厳しい審査を通った工場のみで製造されており、品質は十分すぎるほど保証されている。

 

発売したのは最近にも関わらず、口コミはほとんどの商品が軒並み500件を超えており、人気の高さがうかがえる。

 

この人気の理由は圧倒的なラインナップ量、その中でも、業界初、フィナステリド、デゥタステリドの外用薬を発売したことはAGA治療をしているものに大きな衝撃を与えた。

 

また、リグロースラボはリポソーム技術と言う、有効成分をカプセル状にして毛根に届けると革新な技術を取り入れている。

 

この技術により、従来の育毛剤とは一線を画す次のような作用を可能にしているのだ。

 

①有効成分が皮膚の深いところへ浸透

②有効成分の効果を最大限に引き出す

③時間差で浸透し、育毛効果を持続

 

そして、当然のことながら肌の炎症の原因とされるPGはフリーとなっているため、従来の育毛剤では肌がかぶれてしまう人も安心して使用することができる。

 

コストも徹底的に削減されており、高品質、低価格が抱き合わされた新時代を切り開くハイブリッドな育毛剤だ。

 

・リグロースラボの成分

 

リグロースラボの特筆すべき成分は、5HP、7HPにそれぞれ含まれている馬プラセンタであろう。

 

馬プラセンタとは、獣医の管理の元、徹底的な衛生下で競走馬用のサラブレットの胎盤から抽出されたエキスのことだ。

 

今ではアンチエイジングや美容関係の商品に幅広く使用されている極めて高級なものだ。

 

この作用により、育毛と同時に髪にうるおいと艶を与えることも可能になる。

 

 また、ミノキシジルの濃度により入っている有効成分が違うのも特筆すべき点であろう。

 

例えば、M7aには、トリペプチド-1銅と言うヘアサイクル を延長させる成分が含まれていたり、15%にはTrichogen™と言う髪質を強化し、髪の表面を修復する成分がそれぞれ配合されている。

 

・リグロースラボの効果

 

口コミでは

 

・一ヶ月くらいで効き目が出にくいM字のところに産毛が生え、2ヶ月目の今順調に産毛が濃くなってきてます。

 

・使用開始から10週間ほどで頭皮が見える面積が少し減ってきました

 

・自分は夜に1度だけ使っていますが、確実に髪の毛が強くなっています。気になっていたM字部分に産毛が生えてきたことも効果があったからでしょうか

 

・使い始めて3本目になりますが、生え際に産毛が増えてきました

 

引用元:オオサカ堂

 

 

と言う声が続々寄せられており、満足度は高く、リピートも多いようだ。

 

ミノキシジルを含む育毛剤の有効性は既にあらゆる方面で実験により証明されているが、我々に最も馴染みのある育毛剤であるリアップ がその有効性を非常にわかりやすく説明してくれているので参考にしてみて欲しい。

 

brand.taisho.co.jp

 

 

 

・効果が出るまでの期間

 

リグロースラボに限らず、最低でも3ヶ月はやらないと効果は出ないと思ってもらって構わない。

 

そのため、3本以上を使い切ったあたりから何かしらの効果がみられるようになるだろろう。

 

だが、フォリックスの項でもお話ししたが、私の場合は外用よりも強力なミノキシジルの内服で治療しても半年間は全く芳しい効果が見られなかった。

 

効果が出たのは7ヶ月目以降だ。

 

そのため、例え効果が見られなかったとしても、辛い気持ちをグッと抑え、頑張ってそのくらいの期間は使用を続けてみよう。

 

 

・リグロースラボの副作用

 

f:id:maato0721:20200324004943j:plain

 

有効成分が使用されている以上、副作用としてはやはり頭皮のかぶれや痒みがあげられる。

 

リグロースラボもPGはフリーだが、そのような症状を訴えている人もちらほら見受けられるのは事実のようだ。

 

・かゆい。使用中止を余儀なくされました。

 

・頭皮がムズムズするのは他の育毛剤と変わらなかった。

 

引用元:オオサカ堂

 

また、少し恐ろしい副作用として、ミノキシジル特有の動悸などと言った心肺機能系のものも上げられている。

 

これは、外用薬とは言え皮膚を通してミノキシジルが体内に入ってくることにより起こるものである。

 

しかし、内服のミノキシジルでもあまり副作用が起きる可能性は1%とされており、外用はこのリスクを更に減らすことを目的として作られているため、副作用が起きる可能性はより少ないと思ってもらっていいだろう。

 

 

・使用方法

f:id:maato0721:20200324005151j:plain


 

 

その他の育毛剤とそんなに変わらない印象だ。

 

1回2プッシュをし、頭皮を2分程度マッサージする。

 

これを1日2回行う。

 

実はこのリグロースラボの容器に付ける口はスポイトタイプとプッシュタイプの2種類が付属されている。

 

違いとしては、スポイトタイプは頭皮にもろに液体を塗布することができると言う点だろう。

 

ただ、このスポイトタイプ、一部口コミでは「スポイトが使いづらい。吸えない。計量ができない。」と言ったものがあり、今はどの程度改善されているかは不明である。

 

・使用感

 

PGフリーということもあり、フォリックス同様頭皮へのベトつきは少ない。

 

しかし、M15になると流石にこのような意見も出てくる

 

・ギトギトで乾かないので薄い部分が更に強調されますし、ギトギトなので不潔感はかなり高いです

 

・付けた感じはフォリックスよりベタベタしますし、いつまで経っても乾かないです

 

引用元:オオサカ堂

 

そのため、M15を使う際は、塗布後にドライヤーで乾かしたりするなどする必要がありそうだ。

 

 それでもベトつきが気になる人は、同じ濃度のフォリックスへ切り替えるといいだろう。

 

 

・どれを選ぶべきか

f:id:maato0721:20200322220653j:plain

 

基本的にはAGA治療のガイドラインに従い、薄毛の箇所にかかわらず、まずはM5から始めると良いだろう。

 

そして副作用をチェックしながら発毛効果を見て、効果がイマイチの時は濃度を更に上げて様子を見ると良いだろう。

 

また、最初に述べたとおり、リグロースラボからは「塗るフィナステリド」「塗るドゥタステリド 」がそれぞれ発売されている。

 

[http://:title]

 

[http://:title]

 

 

 

フィナステリドとドゥタステリド と言ったら内服で有名だが、これらには性欲が落ちるかもしれないと言う副作用が1%の確率で起こることが報告されていた。

 

この副作用を極限にまで抑えて有効成分を用いようと計画されたのがこの塗るフィナステリド、塗るドゥタステリド と言うわけだ。

 

いずれも薄毛には大変有効であることは既に証明されているのだから、

 

f:id:maato0721:20200307223906p:plain

 

これを同時に使わない手はない。

 

使い分けとして、頭頂部付近の薄毛が気になる人は

 

こちらの塗るフィナステリドから試すのが良いだろう。

 

[http://:title]

 

 

M字や前頭部が気なる人はこちらの塗るデゥタステリドから入っても良いだろう。

 

[http://:title]

 

 

ただ、フィナステリドは内服の場合1mgを基本に摂取する。

 

それが、ただでさえ内服より効果が薄い外用で0.25mgと言うのはちょっと頼りない気もする。

 

そのため、この場合だったらO字ハゲでもいきなり塗るデュタステリドを使い始めても良いような気がする。

 

・効果を最大限に高める方法

 

f:id:maato0721:20200322221131j:plain

 

ここではM5,M7,M15の効果を最大限に高める方法と言うことにする。

 

となると、やはり外用のフィナステリドをやめて内服のフィナステリドにする方法が一番効果を発揮するだろう。

 

まずはフィナステリドで髪が抜けない状態を維持すことがミノキシジルのポテンシャルを120%発揮する上ではとにかく重要だ。

 

これらのいずれかを使っていても

 

[http://:title]

 

[http://:title]

 

 

抜け毛が治らないような場合(ミノキシジル使用初期による初期脱毛は除く)は、迷わず内服のフィナステリドに変えた方が良いだろう。

 

ちなみに、私は現在このフィナステリドを服用している。

 

[http://:title]

 

(詳細は画像をクリック)

 

1錠23円と激安で非常に経済的だ。

 

また、内服のフィナステリドに変えても抜け毛の量が全く変わらないようなら内服のドュタステリド に変えるのも良いだろう。

 

[http://:title]

 

(詳細は画像をクリック)

 

自分の状況を見極め、適切な組み合わせで治療をしていただきたい。

 

 

・リグロースラボの購入場所

 

リグロースラボは現在AGAのクリニックや皮膚科で扱っているところはない。

 

そのため、基本的には個人輸入で買うことになる。

 

個人輸入代行は色々あるためどこで買っても構わないが、私の認識では老舗=信頼だと思っているので、そう言う意味ではオオサカ堂がオススメだ。

 

ちなみに、気になる価格だが、M5は1本で2500円、2本で3500円だ。

 

リアップの 同じ成分で値段が半額というのは信じられないと思う人がいるだろうが、実際AGA治療薬とは海外ではこのような値段なのだ。

 

日本で扱っている物も所詮海外の輸入品なわけで、海外の人からすれば、逆に何故日本ではあんなにも高いのかが不思議で仕方ないだろう。

 

・まとめ

 

以上、リグロースラボの効果と特徴についてまとめてみた。

 

初期の頃に人気爆発していたポラリスやロゲインに比べ、近年の育毛剤の進歩はそれとは比べものにならないレベルの素晴らしいものがあることを多くの読者に理解していただけたと思う。

 

現在育毛剤選びに悩んでいる人は、是非この新進気鋭の育毛剤リグロースラボと共に新しい自分を目指してみてはいかがだろうか。

 

 

リグロースラボのご購入はこちらから↓

 

 

[http://:title]

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 オオサカ堂のAGA治療薬の検証結果はこちら↓

  

www.hegechabin69.com

  

1年間のAGA治療の軌跡(フィンペシア)はこちら↓

 

www.hegechabin69.com