ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

【悪徳詐欺】ケトコナゾールシャンプー以外の育毛シャンプー

 

 

 私が現在使用している武器(薬)はこちら↓

   <a target="_blank" href="https://oneclck.net/contents/ard.php?id=OS015053&adwares=os022330"><img src="https://oneclck.net/contents/photos/022330_finalloyd-minoxidil5mg.jpg" width="480" border="0"></a>

[http://:title]

 

 

 (詳細は画像をクリック↑)

 

 

 

現在、育毛と銘打っている市販のシャンプーは約90種類ほど存在している。

 

その山の中から「どの育毛シャンプーが効くのかな〜」なんて言ってるそこのAGA患者に私は言いたい。

 

「お前は馬鹿か?」

 

 

 

一体、なぜAGAに市販のシャンプーが効くわけがないと言うことを即座に理解できないのかが私は不思議でならない。

 

 

市販の育毛シャンプーと言うのは、ほとんどが洗浄力と言うのを前面に押し出してプロモーションをしている。

 

「うちのシャンプーを使えば頭皮の皮脂がしっかり落ちますよ

 

と言うことだ。

 

それにより頭皮を清潔に保ち、髪の成長を促そうと言うことなのであろう。

 

しかし、AGA患者の髪がなぜ抜けるのかを考えて欲しい。

 

AGA患者が髪が抜ける理由は、体内で発生するDHTと言う酵素が原因であったはずだ。

 

つまり、AGAと言うのは人間の体内から引き起こされているものであるのだから、頭皮を綺麗に保ったところで何一つ意味がないのだ。

 

(ただし、脂漏皮膚炎のような、頭皮がかなりオイリーで、その結果頭皮が赤く炎症を起こして脱毛している場合は効果が見られるかもしれない)

 

 

ホームレスを見てみればすぐわかる。

 

彼らは常に頭皮が決して綺麗とは言えない状態にも関わらず、全員がハゲと言うことはなかろう。

 

こんなこと、AGAのメカニズムをググれば1分足らずで理解できるはずだ。

 

こんなにもネットワークが拡大している近年、ありとあらゆる情報が容易に手に入るのに、訳のわからない育毛に挑戦したり、馬鹿みたいに高い医療ローンを組んだりと、ハゲ共の情報収集能力の欠落には本当に驚きを隠すことができない。

 

 

少し話が逸れたが、とにかく、AGA患者は「”育毛=頭皮の清潔”だから市販のちょっと高い育毛シャンプーを使おう」なんて考えは今すぐに捨てなければならない。

 

「じゃあ、育毛に使えるシャンプーは無いのか・・・」

 

と思った人は私の話をよく聞いていない証拠だ。

 

私は、「市販の育毛シャンプーは意味ない」と言っているのだ。

 

つまり、市販でなければ、AGA治療のガイドラインにもしっかり掲載されている、育毛に使えるシャンプーはある。

 

それがケトコナゾールと言う成分を2%含んだシャンプーだ。

 

これはメーカーによって、ニゾラールシャンプーやニトラゼンシャンプーなどと呼ばれることがあるが、いずれもケトコナゾールを2%含んだシャンプーである。

 

ケトコナゾールと言うのは、カビの仲間である菌の繁殖を抑えて、炎症した頭皮を治療する目的として使用されるものだ。

 

それに加え、これにはフィンペシアプロペシア と言ったフィナステリド同様、脱毛の原因となるDHTを抑える効果があることがわかっている。

 

そのことから、先に述べた通り、AGA治療にガイドラインにもこのように、

 

f:id:maato0721:20200307223906p:plain

 

 

有効性が認められている。

 

この表からもわかるように、ケトコナゾールを含んだシャンプーのみが科学的に「発毛効果あり」として認められているのだ。

 

・ケトコナゾールシャンプーの使い方

 

ケトコナゾールシャンプーは、我々がいつも目にするシャンプーとは比にならないくらい小さい容器に入っている。

 

最近は一部大きいものもあるが、大体100mlくらいが主流だと思う。

 

これを、だいたい500円玉くらいに取り頭皮に塗り込んでいく。

 

泡立ってきたら、そのまま頭皮を揉み込むように泡を全体に行き渡らせていく。

 

5分くらい放置したら、しっかりと洗い流して終了だ。

 

放置の時間はあまり長くない方がいいとされている。

 

理由は、ケトコナゾールシャンプーは頭皮の脂を落とす効果が高いため、放置しすぎると必要な皮脂まで落としてしまうからだ。

 

それはフケの量を増加させたり、痒みを引き起こす原因にもなるので注意しよう。

 

また、この点から、ケトコナゾールシャンプーの使用は2日か3日おきくらいが最も推奨されている。

 

「100mgだったらすぐなくなるじゃん」と思った人もいるだろうが、私が使っていたこれは

 

[http://:title]

 

(詳細は画像をクリック)

 

だいたい3日に一回程度の使用で3ヶ月半程度持った。

 

そのため、1本1500円程度であることを考えるとコスパはかなり良いと言えるだろう。

 

 

・ケトコナゾールシャンプーの副作用

肌につけるものであるため、合わなかった場合、発疹、痒み、蕁麻疹、皮膚が剥がれてくると言ったようなものが副作用として挙げられる。

 

これらが起きた場合は速やかに使用を中止し、一旦様子を見よう。

 

また、副作用と言えるかどうかわからないのだが、私の感覚として、このシャンプーを使用すると髪についている脂も落ちすぎるせいか、洗髪直後は髪がかなりギシギシになってしまう。

 

そのため、私はケトコナゾールシャンプーを流した後は必ずトリートメントを行うようにしていた。

 

・ケトコナゾールシャンプーについての注意事項

先程、ケトコナゾールシャンプーはプロペシアフィンペシアと言ったフィナステリド同様脱毛を抑える効果があると言った。

 

先程載せた「AGA治療のガイドライン」を見て欲しい。

 

ケトコナゾールシャンプーはフィンペシアプロペシア と同様の効果があると言っているにも関わらず、

 

フィナステリドは推奨度 A

ケトコナゾールは推奨度 C1

 

となっている。

 

つまり、ケトコナゾールは脱毛抑制効果があるとはいえ、フィナステリドのそれよりも効果はあまり期待できないと思われる。

 

そのため、ケトコナゾールシャンプーを育毛に用いる場合は、あくまでも育毛の補助的役割と考えるべきであり、ミノキシジル+フィナステリドも当然同時に使った方が良いと言うことはしっかりと頭に入れておこう。

 

 

www.hegechabin69.com

www.hegechabin69.com

 

 

 ・ケトコナゾールシャンプーが買える場所

 

AGA専門の機関、またはAGAに強い皮膚科でも購入が可能だ。

 

価格は1本約3000円程度が相場になっているようだ。

 

また、オオサカ堂などの個人輸入を介しても買うことができる。

 

現在個人輸入で取り扱われているケトコナゾールシャンプーは5種類ほどあるが、その中でももよく売れているのはこの2つだ。

 

1. ニナゾルシャンプー

 

 

[http://:title]

 

 

(詳細は画像をクリック)

 

 

 

「ケトコナゾールシャンプーと言ったらこれ!」

 

と言うレベルで日本でも知名度が高いものだ。

 

実際、AGAに強い皮膚科ではこれを処方しているところも多数存在している。

 

使用感としては、「泡立ちの悪い普通のシャンプー」と言った感じだ。

 

ただ、先ほども述べたように、皮脂をかなり落とすので髪がバキバキになるので、必ずトリートメントと使うことをお勧めする。

 

 

 

2 リグロースラボ ケトコロスシャンプー

 

[http://:title]

 

(詳細は画像をクリック)

 

 

比較的新しいケトコナゾールシャンプーだ。

 

値段は2680円とシャンプーにしては高いように感じるが、ニナゾルシャンプー100mlで約3ヶ月持つため、これだったら1年以上も持ってしまう計算になる。

 

そのため、「とりあえず最低1年は育毛を続けよう」と言う高い志を持った人にとっては非常にコスパの高い最高の相棒になるだろう。

 

なお、こちらもケトコナゾール2%配合のため、洗った後はニナゾルシャンプーと同じように髪がバッキバキになることが予想されるため、トリートメントを同時にすべきだろう。

 

 

 

・【番外編】AGA患者向けシャンプーのやり方

 

「髪を強く洗うとハゲの原因になる」

 

と言う噂があるが、それは単なる都市伝説だ。

 

髪の成長を司っているのは、頭皮の中にある毛母細胞だ。

 

それが傷つかない限り毛が生えないようなことはない。

 

まさか、爪が毛穴に入みそれを破壊するなんてことは、爪の大きさと毛穴の大きさを比べてもらえばどう考えてもあり得ないと言うことがわかるだろう。

 

 とはいえ、シャンプー後に髪が抜けるのは、AGA患者にとって精神的に良くない。

 

そのため、適切なシャンプー方法は覚えておく方が良いだろう。

 

その手順はやはり美容師に学ぶのが一番である。

 

youtu.be

 

 

今までにシャンプーより時間はかかるが、確実に頭皮がさっぱりするのでお勧めだ。

 

 

 

以上、育毛に本当に使えるシャンプーについて述べてきた。

 

科学がこれほどまでに進歩しているこの時代、シャンプーも素晴らしい進歩を遂げてきていることはシャンプーの数を見ればお分かりだろう。

 

だが、そんなにたくさんのシャンプーがあったとしても、結局育毛に有効なのはケトコナゾールシャンプーのみなのだ。

 

 

余計な情報に踊らされるのではなく、科学的根拠に基づいた物だけを的確に頭皮に打ち込み、発毛を実感しよう。

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 オオサカ堂のAGA治療薬の検証結果はこちら↓

 

 

www.hegechabin69.com

 


 

1年間のAGA治療の軌跡(フィンペシア)はこちら↓

 

 

www.hegechabin69.com