ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

薄毛の女性(FAGA)治療にミノキシジル5%の外用薬は使っちゃだめ??

 

 

近年、薄毛に悩む女性の割合が急増している。

 

あるクリニックの発表では、ここ数年で女性の来院数が10%以上増えているそうだ。

 

実際、私がクリニックへ診察行った際も、帽子を目深に被った女性の姿を何人も目撃している。

 

そのような時代背景を受けてか、最近は女性用の発毛剤と言うのが結構売り出されるようになってきた。

 

「女性用のと男性用って成分違うの?」

 

と言う話だが、結論から言ってミノキシジルの濃度以外は同じだと思ってもらって構わない。

 

試しに以下の発毛剤を比較してみよう。

 

こっちが女性用で

 

[http://フォリックスFR02ローション[ミノキシジル2%]:embed:cite]

 

 

こっちが男性用なわけだが、

 

[http://フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]:embed:cite]

 

 

 

成分を見てもらえれば分かるように、濃度以外に変わりはない。

 

 

しかも、ミノキシジル含有量2%の方を、女性用ではなく、あえて”男女兼用 ”と言っている辺りから女性用と男性用の区別がミノキシジルの濃度のみと言うことを物語っているように思える。

 

 

 では、なぜ女性専用のはミノキシジル含有率1〜2%のものとされているのだろうか。

 

 

理由は以下の2つによるものだ。

  

 

①  多毛症

 

 

maato0721.hatenablog.com

 

 

ミノキシジルの副作用に多毛症と言うのがあった。

 

これは男性にだけ起こるわけではなく、当然、女性もミノキシジル服用により起こりうる。

 

この症状は、男性ならまだしも、女性にとっては大変耐え難いものではないだろうか?

 

(人によりけりだろうが。。。)

 

この観点から、多毛症のリスクを減らすために女性には低濃度のミノキシジルが処方されるのだ。

 

 

② 高濃度のミノキシジル臨床試験が行われていない

 

brand.taisho.co.jp

 

 ①のことから、日本では最初から女性への高濃度のミノキシジルの治験が行われていないのだ。

 

したがって、女性に対しては低濃度のミノキシジル以外の使用は日本では認められていない。

 

 

 

よくネットで、女性に高濃度のミノキシジルを使ってはいけない理由に「女性は皮膚が弱いから」などと言われているが、そんな根拠はどこにもありはしない

 

ここまでの話を聞いて、じゃあ「多毛用を気にしなければ女性にも5%のミノキシジルを使って良いの?」と言う疑問が出てくるだろう。

 

答えは、

 

 

Yse

 

 

である。

 

女性にもミノキシジル5%の外用薬は全然使ってもらって構わない。 

 

実際、FDAもこのように、

 

https://www.accessdata.fda.gov/drugsatfda_docs/appletter/2014/021812Orig1s009ltr.pdf

 

 

女性に対して5%のミノキシジルが使用可能という声明を2013年に発表している。

 

 

数は少ないが、日本の皮膚科だってこのように5%のミノキシジルを処方すると普通に公言している。

 

https://www.rinkan-hifu.jp/nayami/105/

 

 

 

つまり、女性は1〜2%のミノキシジルを使わなければならないと言うのは、日本でしか広まっていない非常に浅はかな知識ということだ。

 

(嘘とは言っていないw)

 

したがって、女性で薄毛に悩んでおり、これから育毛をしようとしている人がいたら、ミノキシジル含有率1〜2%のようなものを選ぶ必要はない。

 

いきなり5%のものを選んで構わない。

 

むしろそうすべきだ。

 

普通に考えて、5%を使っても全員が全員満足の行く結果が得られるわけじゃないのに、1〜2%なんか使ってちまちまやっても希望なんか見えてこない。

 

 

しかし、それ以上の濃度のものを選ぶのは一旦ストップ。

 

理由はこちらにまとめてあるで参考にしてほしい。

 

 

maato0721.hatenablog.com

 

 

ここまで読んでもらうと、

 

ミノキシジル5%の外用薬って、どれを使えば良いの?」

 

と言う風に思う人もいるだろう。

 

結論から言って、どれでも構わない。

 

発毛を促すのはミノキシジルだけだから、例えメーカーによってその他の成分が違ったとしても、そんなのは単なる気休め程度のものだ。

 

ミノキシジルの濃度が同じなら、どれを買っても効果は変わらない。

 

ただ、外用薬にはエタノールを多く含んだものがある。

 

それが人によっては肌のかぶれやかゆみを引き起き起こしたり、髪がゴワついたような感じを受ける原因になることがある。

 

そのような場合は、エタノールの含有量が低いこのフォリックスがオススメだ。

 

[http://フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]:embed:cite]

 

 

非常にさらっとした使い心地で、塗布の後、ドライヤーで乾かしてしまえば髪のセットも容易だ。

 

 

そして、何より安いのが本当に嬉しい。

 

上記のような副作用が気になる人は、ぜひ一度試してみる価値があると思う。

 

 そして、フォリックスはオオサカ堂などを利用した個人輸入で購入することになる。

 

個人輸入に関してはネット上で様々な憶測が飛び交っているため、購入の際はこちらの記事も合わせて読んでいただきたい。

 

 

maato0721.hatenablog.com

 

 

maato0721.hatenablog.com

 

 

 

 

以上、女性のミノキシジル5%外用薬の使用について様々な角度から述べてみた。

 

 

髪は女性の命とも言われている。

 

今回の記事を読んで、少しでも多くの薄毛に悩む女性が育毛に興味関心、そして希望をを持っていただけたら嬉しい限りだ。

 

 

今日はここまで。

 

私が使用している武器(薬)はこちら↓

 

[http://フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg:title]

 

[http://ミノキシジルタブレット(Noxidil)シートタイプ5mg:title]

 

[http://フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg100錠 + ミノキシジルタブレット(Noxidil)5mg100錠:title]