ハゲに人生潰されてたまるか!!~金無し。髪無し。20代若ハゲの個人輸入によるAGA奮闘記~

個人輸入でAGA治療をしています。実体験を伴うハゲ情報を書き綴っていきます。共にハゲと戦いましょう。

記憶よりも記録

 

治療を開始した方々に一応、、、、一応聞いておくが、、

 

当然、ハゲてる部分の写真、毎週撮ってるよな?

 

まぁ、毎週とか言っちゃってる私はちょっと神経質な気がするが、当然記録はしているに違いない。

 

もしも記録してない不届き者が居るならば、今すぐに、早急に始めるべきである。

 

これは、効果判定のためではあるのだが、それ以上に、これをしないと後々物凄い不安に駆られることになると言う実体験を元に述べている。

 

皆さんは、1ヶ月前の今日食べた晩御飯を覚えているだろうか。

 

おそらく、ほとんどの人は覚えていないのではないだろうか。

 

それと同じように、1ヶ月前のハゲの状態なんて、記憶に残っているはずがない。

 

そんなある日、汗をかいたり、雨に打たれたり、美容院へ行き髪をすいたり、ワックスでハゲを隠そうとして大失敗したりし、ハゲが目立って見えた時どうなるだろうか。

 

恐怖、絶望に駆られるに違いない。

 

たとえ風呂上がり後、ドライヤーで乾かした後の一番安定したハゲの状態を見て、それが実は以前と変わっていなかったとしても、記憶と言う世界一曖昧な証拠に頼ったことで一度恐怖や絶望に取り憑かれると、それから逃れることはできなくなるのだ。

 

その結果、藁をすがる思いで助けを請う諸君に漬け込む悪い奴らに大金を巻き上げられることになりかねない。

 

しかし、画像があればそんなことは何一起きなくなる。

 

恐怖や不安に駆られても、5分以内に解決する。

 

カメラをスクロールすれば一発で、

 

「あ、似たようなハゲの日あるじゃん」

 

 

となるからだ。

 

更に、画像というのは不思議なもので、それを撮った日の記憶さえも鮮明に思い起こさせてくれる。

 

それにより、ハゲが目立つワックスの付け方や、雨の日の対処法なども考えつくことができるようになり、現在のハゲの状況を巧みに操ることができるようになるのだ。

 

 

AGA治療は、「以前と比べてどうなったか」が重要だ。

 

 

常に比較対象を視覚化し、効果を見定めることを徹底して欲しいと思う。

 

 


今日はここまで。

 


私が使用している武器(薬)はこちら↓<a target="_blank" href="https://www.roy-union.com/contents/ard.php?id=OS015053&adwares=os000080"><img src="https://www.roy-union.com/contents/photos/000080_minoxidil_tab.jpg" width="192" border="0"></a>

 

[http://:title]

 

[http://:title]

 

[http://:title]